ハタ|種類

「ハタ」という魚をご存じでしょうか?
市場では高級魚とされているハタですが、どのような魚でその種類はどのくらいあるのでしょうか。今回は、ハタの種類についてご紹介します!

ハタってどんな魚?

ハタは、スズキ目ハタハタ亜科に属する魚の総称であり、その種類は「マハタ」「バラハタ」「クエ」など26属190種が知られています。成長すると体長が1メートルを超えるほど!


ハタは、海水魚で熱帯から温帯の温かい海に分布しており、主にサンゴ礁や岩礁帯を好んで生息しています。水深の浅いところにいる場合がほとんどですが、種類によっては200メートル以上の深い海の中にいる場合もあります。
体色は、成長過程によって多彩であり、体の模様は縞模様であったり水玉のような斑点をもっていて、見た目は口が大きく下あごが飛び出ているのが特徴的な魚です。また、体に対して頭やヒレが大きく楕円形の形をしています。

産卵期は夏で、親は卵を保護しないため、プランクトンとなって海を浮遊しています。ハタの旬は、秋の終わりから春にかけてといわれています。

ハタの種類とその特徴について

マハタ

マハタ

高級魚とされるハタは、「マハタ」という種類の魚を指していることが多いです。
マハタは、体長が1メートル以上にもなる魚ですが、市場に出回るマハタは60センチ程度のものがメインです。また、体の色は淡い褐色で、幼魚の頃は黒褐色の縞模様が特徴的ですが、成長するとその模様は薄くなっていきます。旬の時期は秋頃から春先とされています。日本での生息域は、北から九州あたりまで広いですが、福岡県・長崎県などの漁獲量が多くなっています。

マハタは白身魚で臭みがなく、刺身や寿司などにぴったりの魚です。しかし、天然物のマハタは網を使った漁にかかることがほとんどないため、幻の高級魚とされており、一般的に流通しているのは養殖ものです。

アカハタ

アカハタ

アカハタは、その名の通り美しい赤い体の色をしており、褐色の縞模様と黄色の斑点が特徴的な魚です。ハタ科のなかでは小ぶりの部類で、成魚は体長30~40センチ、重さは2キロ程度です。日本では伊豆諸島や九州、沖縄などに生息しています。アカハタとよく似ている魚でアカハタモドキという種類の魚がいますが、背びれのフチが黒か白かで区別することができます。


アカハタは、「アオハタ」「キジハタ」と並んで高級魚として扱われており、市場ではキロ1500円から2000円ほどです。

アオハタ

アオハタ

アオハタは、名前に「アオ」が入ることから青色をした魚だと思われがちですが、その体の色合いは暗い茶色をしています。体の表面に横縞が入っていて、尾びれの先端と背びれの先端が黄色く縁どられているのが特徴です。アオハタもアカハタ同様、小ぶりの魚で体長は40センチほどで、成長とともに徐々に水深がある場所に移動していく魚です。

産卵期は夏で、秋から春先までが旬とされていて、食べると皮の下の脂と旨みがしっかり感じられます。

アラ

アラは、「クエ」と見た目が似ており、どちらも高級魚として知られていますが、この二つは別物です。アラは、スズキによく似た形をしている魚で、オキスズキやホタという別名うを持っています。区別の仕方は、背びれが二つに分かれているかどうかで判断できます。体長は1メートル前後で、ハタ類のなかでは大型になります。

アラは海水魚であり、水深70メートルから360メートル付近に生息しており、群れで生活しないうえに数も少ないため、あまり捕獲することができないので超が付くほどの高級魚です。そのため、幼魚だとしても驚くような値段がつくこともあります。

クエ

クエとは

クエは、九州地方では「アラ」とよばれています。(上記のアラとは別物です)
ハタの種類の中でも最も大型になる魚で、成魚は最大で体長120メートル、重さ50キログラムを超えるほどの魚です。大きな頭と口が特徴的で、暗色の太い縞が6本あり、体色は淡い緑褐色のような茶褐色をしています。クエとマハタの見分けは、体にある横縞の本数で区別できます。クエの縞が6本のなのに対して、マハタの縞は7本から8本あります。

産卵期は、5月〜7月で成長とともに沖の岩礁帯に移動します。クエの旬は冬で、鍋などの料理に使用されることが多いです。

キジハタ

キジハタ

キジハタは、釣り好きの人達のあいだでは有名な魚のひとつですが、市場にはあまり出回らないので知らない人も多いかと思います。白身で非常に味も良く、漁獲量が少ないため高級魚とされており、一般の食卓にあがることはほとんどありません。

キジハタは、体長40センチ前後あり、最大60センチ近く成長する中型魚です。見た目は「カサゴ」に似ています。
縦に縞模様をもっていて、体全体にオレンジ色の斑点があるのが特徴的な魚です。

オオモンハタ

オオモンハタの体長は30〜50センチ前後であり、ハタ類の中では中型魚です。全身に斑点模様が特徴的で、一年を通して食べることができる種類の魚であり、ハタの中でも値段は安めとされています。
水深200メートルあたりの沿岸の岩礁やサンゴ礁の周辺に多く生息しています。

まとめ

種類の多いハタの中から7種類のハタをご紹介しました。
ハタを食べる機会があれば、どの種類のハタなのか、今回の内容をぜひ参考にしてみてください!

目利きのプロが選んだお取り寄せ通販サイト|かわさき・シン市場